ブログ

トップページ > ブログ > 温湯浸法による種子消毒が始まりました。

温湯浸法による種子消毒が始まりました。

 春作業の一つ、温湯での種子消毒が今年は3月14日から始まりました。
3月末まで各生産者による水稲の種子消毒が行われます。

 約60℃のお湯の中に一定時間入れ、その後冷水に浸し籾を冷却します。そうすることで薬剤を使わずにばか苗病やいもち病に負けない苗を育てることができます。

冨樫俊悦

20220324-1-120220324-1-2

20220324-1-3

菅原孝明

20220324-1-420220324-1-5

20220324-1-6



ページの先頭へ戻る