庄内協同ファームの取り組み

トップページ > 庄内協同ファームの取り組み

<安全、健康、自然、環境>

 私たちは、40数年に渡る試みの中で、出資し、生産・加工・販売・運営するという共同の在り方をずっと問い続けてきました。運動や経験をマチの人たちと共有することで、農民が農民として生きるあめの実践を積み重ねてきました。

 農業を取り巻く状況がますます厳しくなる中、私たちはそれを時代や社会のせいにせず、自分たちの問題でもあるという認識をもちました。

 生活者として自らを捉えたとき、農村と都市それぞれに暮らす人々は、居住するところは違っていても、食や暮らしの安全と健康、自然や環境との共生という、共通する課題を抱えて暮らしています。

<環境マネジメントシステム>

 この課題を少しでも解決するために私たちが出来ることは、有機農産物の生産量を増やすことであると考えました。「豊かな自然環境を大切に」「安全とおいしさを求めて」という2つの理念を持ちつつ、持続可能な農業経営の発展を計るため、環境マネジメントシステム(第三者機関の認証システム)を導入し有機農産物の認証を受けています。

①安全で栄養豊かでおいしい農産物(品質基準)

②有機農産物の生産を拡大する(生産基準)

③出来る限り環境に負荷をかけずに生態系のバランスを崩さないよう配慮してつくられる農産物(環境基準)

 作物ごとに具体的な目的や目標を立て対応し、それぞれの基準を満たすシステムと生産技術の開発を目指しています。

<有機農業と情報開示>

 農産物の生産過程の情報開示と、それを自主管理するシステムの導入は、情報の透明性と客観性を確保し、消費者や流通団体との信頼を得る事につながります。これは、生産者と消費者が直接的な交流を続けながらも、情報開示という方法で新たな信頼関係を築いていこうという試みでもあります。

<むらとまちと地域を結ぶ>

 農業生産を支えるのは、土、水、空気や天候だけではありません。集落や地域社会がなければ農業は持続できません。私たちは、同じ地域に住んでいる人たちに呼び掛けて、農法、遺伝子組み換え食品、ダイオキシン、環境ホルモン、改正JAS法等の学習会や勉強会を開催してきました。さらにそれを充実・拡大したいと考えています。
 むらとまちと地域を結び、元気いっぱい庄内協同ファームはさらなる一歩を踏み出します。

<自主基準>

 庄内協同ファームでは、安全で美味しい商品を消費者の方々に提供するため、各作物、加工品毎に栽培方法や出荷形態に自主基準を設け、生産者自身はもちろん、庄内協同ファーム全体の技術と品質の向上に努めています。

自主基準(栽培履歴農産物)
水稲栽培基準 2016年1月19日
枝豆栽培基準 2013年2月28日 ※有機栽培、無無栽培(注1)
庄内柿栽培基準 2013年2月28日
干し柿加工栽培基準 2015年2月15日
へちま栽培基準 2013年2月28日 ※有機栽培、無無栽培
大豆栽培基準 2013年2月28日
大麦栽培基準 2013年2月28日
野菜栽培基準 2013年2月28日

(注1) 無無栽培・・・化学農薬と化学肥料を栽培期間中に使用しない栽培方法

<放射能検査>

庄内協同ファームでは、安心・安全な商品をお届けしていくため、自主的に生産地の放射能検査を行い、検査結果を情報提供をしています。



ページの先頭へ戻る